Saturday 
comment (0)
trackback (0)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 9月の収入    鶏だんごのきのこあんかけ >>
Sunday 21:29
comment (4)
trackback (5)

給食費払わぬ親たち

まずはこの記事を見ていただきたい。
 家計にゆとりがあるのに給食費を払わない保護者が増えている。あまりの悪質ぶりに、法的措置を取る自治体が相次ぐ。未納分を学校側が立て替えたり、給食の質や量を下げて対応している事実は、教育界では“公然の秘密”。生活保護に上積みされた給食費を別の出費に流用する保護者もいるほどで、きちんと払っている保護者や教職員たちから非難の声が上がっている。(池田証志)
 
 「高級外車を乗り回し、携帯電話に何万円も払っているのに、給食費は払わない保護者がいる」。文部科学省にはこんな報告が相次いで寄せられている。外車に乗るような世帯だけではない。国や自治体は所得により生活保護に給食費分を上乗せして支給しているが、それでも給食費を滞納する保護者も多いという。
 
 小学校(低学年)で月3900円、中学校で月4500円の給食費(文科省発表の全国平均)。宇都宮市は9月12日、給食費を滞納している保護者38人に、支払い督促を宇都宮簡裁に申し立てた。4月には仙台市が、翌5月には北海道根室市が同様の措置を取っている。支払いに応じなければ、裁判所による差し押さえの処分が下ることになる。
 
 宇都宮市の調べでは、5月1日時点で、702人分の給食費が3カ月以上未納で滞納総額は3290万円。中学校21校中20校、小学校59校のうち40校で未納者がいた。未納者がいない学校の方が少なかった。
 
 北海道芦別市では昨年3月、支払い能力がありながら支払う意思がない「特定滞納者」に行政サービスの一部停止や住所、氏名の公表などを認める条例を可決した。
 
 佐賀県多久市では一昨年、給食費の納付を約束する保証人付きの「確約書」を全保護者に求めた(昨年度で廃止)。山梨県笛吹市でも「連絡なしに滞納した場合は給食停止」という同意書を保護者に提出させた。
 
 広島県や東京都でも悪質な未納事案が横行。学校側の再三の説得にも支払いに応じず、教員がポケットマネーで負担した例は日常茶飯事。教師や校長、PTAの役員が給食費を立て替えたものの、子供たちが卒業した後に踏み倒されてしまった例が絶えない。
 
 各自治体は、徴収員の配置やプリペイド方式の採用など“あの手この手”で踏み倒し防止に躍起だが、滞納する保護者の多くが「義務教育だから払いたくない」の一点張り。なかには「給食を出せと頼んだ覚えはない!」「給食を止められるものなら止めてみろ!」などとすごむ保護者もいるという。
 
 東京都内のある中学では、1人当たりの給食の予算は1日280円だったが、260円分に抑えざるを得なくなった。給食費の未納は、給食の質や量を低下させるという事態を招いている。
 
 学校給食法は、子供たちに給食を提供するよう自治体に「努めなければならない」と努力義務を規定。そのための設備や調理員の人件費は自治体が負担するが、食材費は保護者が負担するよう定めている。文科省学校健康教育課では「結局は保護者のモラルの問題。学校を通じて給食は自己負担であることへの理解を求めるしかない」と話している。


前々からそういった話は知っていたけどなかなかにすごい話です。
給食費を払わずに子供に給食を食べさせ、挙句踏み倒す親がいようとは。なんともはや。
しかもその言い訳のすごいこと。

「義務教育なんだから払いたくない」

「給食を出せと頼んだ覚えはない!」

「給食を止められるものなら止めてみろ!」

いやはや。
出せと頼んでない、なんていうなら弁当くらい持たせてやんなさいよ、とか。
自分の食い扶持稼げない子供の食費負担すんのは親の役目でしょ、とか。
でもどうせ子供が他のコと違うとなれば躍起になって文句垂れるんだろうね、とか。
なぁんて思うんですけどね。

一応指摘しておくと法に挙げられる「義務教育」というのは「オトナがコドモに対して教育を受けさせる環境を整えるもの」だったと思うのですが。ついでにいうと給食ってのは「義務教育」には含まれないからこそ費用を負担してもらってるんですけども。


無学な私が知ってるくらいだからまぁ一般常識ですよね、このくらいは。(果てしなく厭味)


一食300円前後で栄養バランス満点な食事を提供してくれるんだからありがたいもんでしょ、実際。なんでそこまで費用を抑えられるかといえば人数が多いから材料の大量購入が可能で一人当たりの費用を抑えられるってことなんですよ。マク○○ルドや吉○屋が安いのと同じ理屈です。

一人二人給食費を納入しないだけでも一人当たりの負担は上がってしまうのです。
マク○○ルドのように利益を上げることがないからギリギリでやってんです、給食ってのは。
児童(生徒)全員が給食費を支払うこと前提で給食費の額が決まるんだから一部が欠けたら足りなくなる。給食費を納入しない家庭の子供が給食を食べようが食べまいが多くの他人に負担を強いるのはわかりきってることなのですよ。

払うはずの金を払わず、だけど給食は食わせろってのは居直りした食い逃げですね。

なんで大多数のまじめに給食費を支払ってる保護者がごく一部のくだらん屁理屈コネまくる親のツケを払わなきゃならんの?
どうせそんなこという親に限って家じゃコンビニ弁当やらピザやら出前やら、栄養状態を考えない食事ばかりを出してるんだろうなーなんて、偏見に満ちた目で見てしまう私がいます。そしてそんな屁理屈の罷り通る家庭で育った子供の将来を不安に思います

大きなお世話かもしれないですがそんな自己中な人達に迷惑かけられたかないんですよね。
そういう人って年金とか税金まで踏み倒したり、ペット禁止のマンションで大型犬とか飼ってそうだから。(そしてそのツケはその他の善良な国民(住人)が払う、と。冗談じゃねぇよ)

学校側も「払える財力があるのに払わない」家庭については「差し押さえ」なんて手段じゃなく「食わせない」でいいと思うんですけど、まぁ集団生活なんでそれも難しいのでしょうね。だから「親(の資産)に対する差し押さえ」になるんでしょうね。
実際家庭の事情で給食費さえも払えない家庭ってのもあるんでその見極めが難しいところです。

でもさ。
ちょっと前に見た話だけど「給食代を払っているのだから、うちの子にいただきますを言わせないでください。」っていう親もね。
他人にはわからない事情ってのはあると思うけども、なんだかそれ納得できなくて時折「ぐー」で殴りたくなるんだけどね。いや、目の前にいたら女性でも殴ると思うよ、私。


まぁ私なんぞは小学生の時分に給食費半年くらい一時滞納してましたけどね(爆)。
払いたくても払えなかった家庭の事情ってのでね。毎月「ちひろ、給食費は?」って担任に問われることが子供ながらに相当恥ずかしかったもんですけど。一応当時担任だった先生は他のコがいない場所で聞くっていう程度の配慮はありましたんで対外的な恥は最小限度で済んだと思います。
あ、後からちゃんと払ってましたよ、親が。それが多分親としては当たり前ですから。


勝ち組負け組大いに結構。自由経済謳うならそれは必然の結果。
けど、ズルい人間や居直る人間が美味しい思いをして真面目にやってる人間が馬鹿を見るような、そんなことが罷り通る世の中にはしないで欲しい。
Saturday 
comment (0)
trackback (0)

スポンサーサイト

COMMENTS

この記事を読んで、かなり寂しい気分になりました。
私は給食費の滞納もなく、ずーっと過ごさせて頂きました。好き嫌いもなく、給食好きだったので、楽しく食事が出来ました。
もし、滞納していたらオカワリが出来ないじゃないですか(笑)!

私は給食の事は、学校単位で意思表示をするべきだと思います。親御さんに給食を出す事に対する賛成のハンコとサインを頂く。頂けなければお弁当にして貰う。注意書きには『給食費の未納が3ヶ月続いた場合は支払いがされるまでお子様の給食のみ停止させていただきます。ただし、経済面で難しい家庭には理由書を出していただければ、考慮致します。』・・・と
今もやっているのか知りませんが、家庭訪問等で現状も少しは確認できると思いますし…

子供というのは、親の姿勢や考え方を見て育つのだから子供がスグ切れる…等で嘆いてる親はもうちょっと周りを見て、自分と向き合うべきではないかと思います。
すみません、24の若造がこんな事を書き込んでしまいました。
posted by taku : 2006/10/02 12:18 AM
>taku様

こんな記事に反応していただきありがとうございます。

そう、「おかわり」は大事です!!
いや、もう。自分が未納だってわかったらカレーとかソフトラーメンとかおかわり出来ませんでしたから切実でした。あとコーヒー牛乳とかね(笑)。

真面目なレスをしますと、「給食費を払わない児童には給食を与えない」というのは難しいと思います。例え事前に意思表示したとしても、です。
多くの児童が給食を食べている中、お弁当のコがいる。
そんな状況ではコドモはコドモ故の残酷さで差別するでしょう。或いは弁当を持参していたらそのコを羨み、給食を拒絶するかもしれません。

だからこそ難しい。
義務教育の一部でありながらソレ以外として運営してきたことだからこそ、ここできっちりしなければいけないのでしょうね。

日本には色々な「美徳」があり、世間に通じる「良識」があったのに、それが通じなくなってしまったような気がします。
それはとても悲しいことですね。
posted by ちひろ : 2006/10/02 12:58 AM
TB、ありがとうございます。
はじめまして、蓮音と申します。

給食代払わないのにもビックリですが、
「お金を払っているから、いただきますを言わせないで〜云々」
なんて親も居るのですね!
信じられない思いです。

そんな子は、将来、施されて当たり前、金を出しているのだから、何をしてもいい…そんな傲慢な大人になってしまうのではないでしょうか。
そういった親たちに育てられる、子供たちの行く先が心配です…。
posted by 蓮音 : 2006/10/04 2:24 AM
>蓮音様

初めまして、無言TB大変失礼いたしました。

こういった風潮は給食に限らず「万引き」といった明らかな犯罪にも共通していると思います。「盗まれる方が悪い」「些細なことじゃないか」みたいな…。

そんな環境で育った子供の将来が不安でなりません。
学校や行政で支払わない子供に対してもっと毅然とした態度で臨めるようになって欲しいですね。
勿論周囲の大人も気付いたらきちんと注意出来るように、まずは自分の周囲から気をつけていきたいです。(別段正義感が強い訳でもないんですけど)
posted by ちひろ : 2006/10/04 9:00 AM
       
 

 

TRACKBACK

給食費は払いません!って、あんたバカ?
昔は、お金が無くても、子供の給食費だけは 必死に払ってた親が多かったのに 最近は、お金があっても払いたくないんですね。 最近、日本おかしいよ。
まみの向日葵日記 : 2006/10/01 11:01 PM
親が子の食い逃げを推奨か
 すごいね。「給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」 」ときたもんだ。  親が子に、「給食を食い逃げさせている」という現実を恥じなくなったってのがすごいことだと思うね。これ。生活保護を受けている
きらきら日記 : 2006/10/02 12:31 AM
■給食っていうのは大事な食育ですよ!ちゃんと払わなくちゃ駄目!!
給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」 (↑クリックでニュース記事にジャンプ) と、いうニュース記事を見つけまして なんだかがっかりな淋しい気分です。 結構前からこういうことって問題視されていて 「本当にそんなお馬鹿な親御さんが
*はる日和*…食べて作って楽しんで : 2006/10/02 11:05 AM
[給食費問題]こんな親どもに育てられる子も不幸だが
少し前からローカルな問題として浮かび上がっていましたが、いよいよ本格的に採り上げられだしたようです。 給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」(Sankei Web) (元ニュースはこちら) (記事引用) 家計にゆとりがあるのに給食費を払わな
BBRの雑記帳 : 2006/10/03 10:16 PM
給食
親が子供に食い逃げさせてる状態ですね。 自分は昔、親にちゃんとお金を払ってもらって、給食食べて育ってるのに…。 義務教育の『義務』ってのは、本人が受ける義務であり、周りが本人に受けさせる義務って意味じゃないのかな。 その過程で発生するお金の負担は、親の
書架【表裏ノ録】 : 2006/10/04 2:26 AM
TB URL :: http://chihirom.jugem.cc/trackback/291