Saturday 
comment (0)
trackback (0)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Thursday 00:47
comment (0)
trackback (1)

某元建築士が発端の話

ここ3週ほどマスコミを騒がせている違法建築問題。

国会中継やマスコミ報道を見ていると笑っちゃったり無駄に腹立たしかったりします。

「たった三十数世帯ですよ?」
「あなた私のお父さんだったらなんていうんですか?」
これは某都内マンションの被害住人が行政に対して言った言葉。

「もっと法令を充実させ、遡って今の住人にも手厚い保障をするべき」
これは某局に出ていたコメンテーターの言葉。

「あらゆるケースを想定して法を定めるのが行政の役割」
これも某局でコメンテーターが語った言葉。




だったら。
「疑わしきは罰する」
そんな制度を採用すればいいのか?
あらゆるケースを想定し、どんな場合でも法に拠って裁ける制度になればいいのか?
極論すればスーパーでネギを手に取った時点で『万引き?』と疑われるような制度を採用すれば満足なのか?
大体『多数決』が法を決める社会で数千の被害者の為に他の一億の国民が増税に耐えることを、誰もが認めるのか?
酷薄なことだが『身銭切る』という話になったときにどれだけ被害者に味方する人がいるんだか。
なのにマスコミは当事者ではない行政を責めまくる。
無限ではない税収を当てにしろといわんばかりに煽る。

某元建築士も某建築会社も某民間審査機関も罪がないとは言えない。
同時に「偽造です!」と誇張しまくるマスコミにも問題があると私は思う。
この件に限らず。
ある一定の法則によってマスコミ報道は煽動目的であると思っている。だからって被害者が悪とは、私は思っていない。
マスコミ報道を主として『善』と『悪』を単純化し、《感情》によって煽動しているのが気に入らない。
ついでに矢鱈問題を大きくして、ほんの少し方向転換してまで、何が何でも行政に責任を負わせてやろうという報道が気に入らない。
あくまで私の話だ。
(無駄を排するのは当然だが、それにしても税収は無限ではない)

自分に対しては性善説・他者に対しては性悪説。
そんな都合の良いことを考えるのが今の日本のスタンダートなんだろうか。
「ケース・バイ・ケース」全てに対応出来る法を整えれば誰もが満足するのか?
そんな法が整えられたら何より自分が息苦しくなる。
まさか制度を厳しくしろといいつつ、自分だけは見逃せなどとは言えまい。

上記に挙げたものは極論だけれども。

残念なことに人は聖人君子ではいられない。
必ずどこかに欲がある。
聖人君子でさえ欲があるなら俗人たる私にも当然聖人以上の浅ましさと欲がある。それは悲しいことに当然のことだ。
違うというなら私財を投げ打って現在の被害者を救ってやればいい。さもなければ国民投票出来るだけの行動力をだせばいい。憲法上その権利はあるのだから。

私には出来んが。


他人に義務を科す以上自分も何らかの義務を負うというのが所謂民主主義ってヤツだ。建前だけにしても。
少数意見を排除するのは『多数決』であれば当然だし。
学級会で経験済みだろう?
マスコミの、海のものとも山のものとも知れない人間の、責任のない垂れ流しの意見に、ブラウン管の前で相槌を打てば政治が変わる訳じゃあるまい?
テレビの前で批判すれば政権が変わるほど情報伝達の術が発達しているのか?

そんな訳ないじゃん。

最近のマスコミ報道を見ているとその辺が疑問に思えてならない。


まぁなんですな。
『自己の安全』を確保する為には資本主義の最大の武器である金銭を使わなきゃならん世の中になってきたのかもしれんですね。

世知辛いこと…。嗚呼やだやだ。
Thursday 08:06
comment (0)
trackback (0)

公式発表 @のまネコ問題

avex group プレスリリースにおいてPDFファイルにて会社としての公式発表が出されました。

以下全文引用。

平成17年10月12日

各 位

会社名 エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
代表者の役職名 代表取締役社長 松浦 勝人
(コード番号 7860 東証第1部)
問い合わせ先 常務取締役グループ管理本部長 小林 敏雄
TEL 03-5413-8550

「のまネコ」商品化に関する当社グループの方針

当社は、標記件に関する当社グループの方針につきまして、下記のとおりお知らせいたします。



本年9月30日(金曜日)、当社グループのEC サイト「ショッピング・アリーナ」にて、「いわゆる『のまネコ』問題についての当グループの考え方」と題して、「マイアヒ・フラッシュ」を収録したCD等の商品の発売中止(廃盤)と有限会社ゼンに対する「のまネコ」の図形商標の登録出願(商願2005-69972)取下げの要請を発表致しましたが、その後も私達は、多くの方々のご意見・ご批判に耳を傾け、さらに当社グループ内部において検討を続けて参りました。

その結果、当社グループは、本日、「のまネコ」グッズ販売継続にあたり、当社グループが受け取る予定であった「のまネコ」の商品化に対するロイヤリティーを、ライセンシーより収受しないことを決定致しましたので、お知らせ申し上げます。

以下、当社グループがこのような決定に至った理由をご説明致します。そもそもこの件は、当社子会社エイベックス・エンタテインメント株式会社(AEI)がライセンスを受けているO-ZONE の楽曲「DRAGOSTEA DIN TEI〜恋のマイアヒ〜」にいわゆる「空耳」(主に洋楽で実際の外国語の歌詞の音が意味の上では何ら関連性のない日本語等に聞こえる場合のその日本語等)をあて、モナー等のアスキー・アート文化に影響を受けて作成されたキャラクターが音楽に合わせて動く面白いフラッシュ(オリジナル・フラッシュ)がネット上で公開されていることを私達が知り、これを皆様に楽しんでいただきたいと考えたことに端を発します(オリジナル・フラッシュは許諾なく楽曲を使用していました)。
そこで、私達は、フラッシュへの楽曲使用に必要な許諾を受けるとともに、オリジナル・フラッシュの作成者にこれを元にした新しいイラストレーションを起こしていただくよう依頼して、「マイアヒ・フラッシュ」を作成し、これをO-ZONE のCD に特典として収録し、販売しました(後にDVD に収録しCD とカップリング販売)。
そうしたところ、同フラッシュは、ネット・コミュニティーに参加されている皆様のみならず、一般のお客様にも大好評をいただき、当該CD は当社グループの当初の予想をはるかに上回る売れ行きとなりました。

このブームともいえる人気に乗って、私達は、CD 以外のビジネス展開として、「マイアヒ・フラッシュ」から新しく描き下ろした「のまネコ」のキャラクターを用いたグッズの販売を開始することとしました。
しかしながら、このビジネスは、「マイアヒ・フラッシュ」の人気に乗っているという側面が大きいものです。
同フラッシュは、モナー等のアスキー・アート文化をバックグラウンドとするという特殊性を有するものですが、モナー等は元々インターネット掲示板を中心としてネット・コミュニティーにおいてクリエイトされ誰もが自由に使うことのできるキャラクターとして親しまれてきたものでした。

にもかかわらず、私達は、モナー等のアスキー・アート文化を愛好されてきた方々や上記のような「のまネコ」キャラクターの誕生の過程への配慮が不十分なまま、「のまネコ」に関する商標登録の出願に関与し、通常のビジネスと同様に企業の論理を優先するなかで「のまネコ」のキャラクターを用いたグッズの営業展開を行ってきました。
その結果として、当社グループがモナー等のアスキー・アート文化を一方的に利用したビジネスをしていると多くの方々が感じられる事態となりました。このような状況に鑑み、また、当社グループが、自由な表現・創作活動に重要な価値を置いてビジネスを行うべきエンタテインメント・ビジネスに携わる企業であることに改めて思いを致し、冒頭のような決断をした次第です。
今回の件に関連して多くの協力企業の皆様及び関係者の皆様にご心配、ご迷惑をお掛けしたことを再度お詫び申し上げます。
そして、アスキー・アートなどの文化を育て、今回の件に関し非常に不快な思いをされたネット・コミュニティーに参加されている方々にもお詫び申し上げます。また、皆様から寄せられたご意見・ご批判を真摯に受け止め、当社グループは、ネット・コミュニティーにおいてクリエイティブな活動をされている方々と共に、新しい創作物を生み出すためのより良い環境作りや、その支援といったことについて積極的に検討することを決定致しました。
なお、9 月30 日以降、当社従業員並びに当社代表取締役社長及びその家族に対して度重なる殺人予告等がなされましたが、当社グループによる上記決定はこのようなことを理由とするものではございません。
当社と致しましては、かかる不法かつ反社会的な行為に対しては断固として適切な措置をとって参る所存です。

以 上

平成17 年5 月27 日付で発表いたしました平成18年3月期の通期連結業績予想及び平成17年10月6日付で発表いたしました平成18年3月期中間期連結業績予想の修正につきましては、現時点で変更はございません。


今回はプロの方(?)が作成した文章みたいですね。
批判方が望んでいた「権利の破棄」については目的を達したと言えるでしょう。
でものまネコに関するロイヤリティって本来avexではなくZENが受けるもののはずでは?商標管理してたのZENでしょ?矛先は完全にavexに向いていたから小さい会社の代弁としてavexが公表したのかもしれないけどなんかヘン。
ZENって一体なんだったんでしょうねぇ(嫌みです勿論)。
あ、それに宙に浮いてしまったロイヤリティはどうなるんでしょうか?まさかブラックホールに吸い込まれるわけでもなかろうし。

また殺人予告に対する対応としても「不法かつ反社会的な行為に対しては断固として適切な措置をとって参る所存です」とありますがひょっとしてまだ被害届出してないんでしょうか?
社長のみならずその家族や社員まで対象にした殺人予告だったのに会社として未だに被害届を出していないというなら随分ふざけた話だと思います。
確かに2ch内で殺人予告をした人物と同じトリップ(識別記号のようなもの)で「お騒がせして申し訳なかった」という書き込みはありましたが、まさかそれで解決したと解釈するほどすっ呆けた会社なんでしょうか?
犯人が捕まるまで不安に思う人もたくさんいると思います。身内の安全を思うなら一刻も早く被害届を提出するべきですよ。

モナー等のアスキー・アート文化に影響を受けて作成されたキャラクターが音楽に合わせて動く面白いフラッシュ(オリジナル・フラッシュ)がネット上で公開されていることを私達が知り、これを皆様に楽しんでいただきたいと考えたことに端を発します(オリジナル・フラッシュは許諾なく楽曲を使用していました)。」という件がありますが、オリジナルのFLASHはAAキャラのモナーやモララーだと思いますよ。そこを認めてはっきり明言しないと祭りは終わらないんじゃないかと。

あとは他社で展開している「のまネコグッズ」についてはどのような処置をされるつもりでしょうか?現状を見る限り放置しているように見えますがその辺りもいい加減はっきりさせた方がよろしいかと思います。


リアルタイム世論調査@インターネットでは新たなアンケートが実施されています。参考までに。
Sunday 09:26
comment (0)
trackback (2)

子供社長 @のまネコ問題

まずは松浦社長のmixi内での発言より全文引用。
まだ止めてなかったんですね、mixi。

max matsuuraさんの日記
2005年10月09日
04:57 大人になってどうすんの?
あと二週間でみんなともお別れだね。

いつかこうなるとはわかっていたけど、

いざこうなると涙でるね。

なんでこうなってしまったんだろう。

のまねこ??

それともそういう時期だったのかもしれない。

たくさん誤解を受けてるようで一つ一つには回答できないけど

必ず後々わかってもらえると思う


被害届を受理するより自主捜査の方が警察にはメンツがあるみたいだね。ただそれだけ。

会社からの正式なコメントは来週出ます。

そして再来週にはみんなとさよならか・・・

結構居場所としてはいいとこだったんだけど

まぁしょうがないね。


子供が社長やってる会社だから

いろいろ言われるけど

エンターテイメントはそういう気持ちから生まれるものだと思う

何を言われようと大人になる気はない。

うちの会社にも大人はたくさんいる

だからいいじゃん(笑)

俺が大人になったら会社はつぶれる(笑)


( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?



何言ってるんでしょうこの人?ギャグ?

>被害届を受理するより自主捜査の方が警察にはメンツがあるみたいだね。ただそれだけ。

「被害届」がなければ犯人特定する為の捜査って出来ないんじゃないかなぁ。つーか警察が「被害届は出さないでいい」なんて言うかぁ?その辺詳しくないから違うかもしれないけど。
2chサイドでは協力を惜しまないと言ってるし、社長ご本人だけでなくご家族や社員の方々まで標的になってるというのに被害届を出さない理由ってのはなんなんでしょ?
「警察のメンツ」と「自分の身内の安全」とどっちが大事ですか?他人事ながら心配ですよ、社員やご家族の方々の身が。松浦社長は警官になんと言われても断固として被害届を出すべきです。それがavex社長たる方に課せられた義務ですよ。
まぁそんなことだから「あの殺人予告は(avexサイドによる)自作自演だったのでは?」と言われるんだろうけど。



>子供が社長やってる会社だから
>いろいろ言われるけど
>エンターテイメントはそういう気持ちから生まれるものだと思う
>何を言われようと大人になる気はない。
>うちの会社にも大人はたくさんいる
>だからいいじゃん(笑)


確かに子供の感性というものは時に鋭く素晴らしいものがあると思います。
だけどこの社長の場合当てはまるのは「子供の常識のなさ」と「子供の傲慢さ」では?間違っても「エンターテイメント」じゃないと思いますよ。
経営者として「子供の感性」を持つことは悪いことではないと思うけど同時に「大人の思慮分別」が必要だと思うんですが。
躾のされていない子供は単なる暴君ですよ。
それともなんですか、「僕ちゃん子供だもーん♪」とか先に言っといて「子供のしたことだから…」と周囲を呆れさせて問題収束させようとでも思ってるんでしょうか。…流石に穿ち過ぎか。
ともあれ周囲の「大人」の皆さんには是非ともこの「子供社長」をキッチリ躾けてやっていただきたいものです。




前回の日記(謝罪)についてはavexとしての公式な謝罪ではなく松浦社長個人の私的な発言ということらしいです。(ご本人がmixi内でそのように発言されています)
ということはたとえ著作権法のエキスパート(弁護士さんとか)がいたとしても社長が独りでつっ走っちゃってavexとしても収拾つかなくなってんじゃないかと。
そう考えると…avex社員の皆さんも結構大変なのかもしれないですねぇ。同情はしないけど。

とりあえず来週発表されるという「会社としてのコメント」が待ち遠しいです。新たな燃料投下にならなきゃいいですけどね。
Saturday 14:27
comment (0)
trackback (2)

みっともない会社 @のまネコ問題

avexの松浦社長が謝罪したそうです。

会員しか見られないmixiという閉鎖空間で。

ネットから発生し、雑誌やTV・ラジオでも報道されるという大きな問題になったのまネコ問題。
それについての謝罪を社長個人のコミュニティ内で発して一体誰に謝ってるつもりなんでしょうかね?それとも飽く迄「会社」としてはユーザーに対して謝罪する気はないってことですか?
まぁあれだけ誤字の多い幼稚な文章ですから公式な謝罪ではないのでしょうが。あれを会社としての公式な謝罪と言い張るのであればそれはそれでろくでもないことですね。
やることなすこと「火に油を注ぐ」結果しか招かないってのも会社の対応としてどうだか。トラブル処理担当のブレーンっていないのか?

閉鎖空間での私的な作文を「謝罪文」だと報道するマスコミもどうかと思いますけどねー。

私はどっちかってーとこの問題に対して野次馬的な視点で見てましたが本当にみっともなくてダサい会社だと思います、avexって。
松浦社長のmixiでの謝罪文ちやらを読ませていただきましたが相当笑えます。
結局「謝罪」じゃなくて「自己弁護」だもんなー。
こういう人がトップだからavexがみっともないのも仕方ないのかも。

とりあえず生温かく見守りたいと思います。avexの行く末を。
続きを読む >>
Sunday 01:14
comment (1)
trackback (0)

延焼するのまネコ問題

mixiでひと騒動あった模様です。

なんでもavex社長の顔写真を公開した方がいて
それが肖像権侵害だとavex社長が訴えようとしているとか。
更に再び「殺人予告」が2ch某スレで発せられたとか。

なんつーか…直近の公式コメントもそうなんですが対応があまりにもお粗末というか幼稚というか。
一応東証一部上場の企業ですよね、avex?
弁護士さんとか抱えてると思うんですけど私情で動く前に相談したりしないんですかね?
散々マスコミに面さらしてる会社社長がmixiで顔写真出されただけで訴えるのって少々滑稽です。公開された写真が実は銀座辺りで酔っ払って尻出してる写真だったってんなら話は別でしょうが。どのみちmixiに登録してない私には確認出来ませんけどね。

なんというか、のまネコ問題を眺めているとavexが自ら絞首刑用の階段を上りロープを手繰り寄せているように見えてきます(一部2チャンネラが用意したのはロープのみ。逆に逃げ道も提示している)。「殺人予告」も一日二日、今回に限っては数時間情報を辿れば「自演?」と思わせる要素たっぷりですからねぇ。自演じゃないとしても「殺人予告」を利用して問題の争点をずらそうとしているようにみえちゃいますし。

最早小手先の操作ではガソリン注ぐだけなんじゃないでしょうか?
「殺人予告」さえ自作自演だと言われてますから。

今は個人が情報発信出来る時代です。金銭や権力で抑えられるマスコミだけが情報源ではないのです。興味を刺激するきっかけは当たり障りのないマスコミ報道でも、興味さえあれば縛りのない個人の意見をいくらでも見れるしそこから口コミで噂が広がるのがネットの影響力です。
「のまネコ」一語を検索して結果が批判記事ばかりであれば「批判が正しい」と刷り込まれる人も多いでしょう。まして国内最大のネットコミュニティであろう2chを敵に回しては批判の声はさぞ大きいことでしょう。

avexは最初の対応から批判されているのですからなんとかネットの声を味方につけるべきだったのです。たとえ一時の損失だったとしても。
しかし古い感覚のままに「身内を誤魔化してなぁなぁで済ませよう」とした為に敵を増やし怒りを煽りこのザマです。
ネットにおける情報伝播を舐めてましたね。

実際最初は「のまネコってモナーに似てるんだぁ?」程度の認識だったとしても長期にわたってニュースサイトに掲載されていたらその件について調べる人も増えるんです。話題になるにつれ多くの意見が出ますが、今回は「批判意見」が強調される結果しか招いていません。実際ネットで「のまネコ」を検索すれば多数が批判で、avexがアクションを起こす度に批判が増えています。

今となってはavexが「のまネコ(米酒も含む)に関する全ての商標権」を諦め、「のまネコ」関連の著作権を諦め、既に展開されたものも含め「のまネコに関する全ての権利」を放棄しない限り攻撃は収まらないような気がします。(専門的なことはさっぱりわかりませんけど)
不買運動も起こっているし東京では市街地電子広告でこの問題を取り上げている方もいらっしゃるみたいですから長期化すればするだけavexの信用がなくなるだけでしょうね。

素人目に見ても株価が不自然な動きをしているようですし傷が広がる前に2chに関わるものを捨ててしまった方がいいじゃないでしょうかね、avexさん。
ただしその場合FLASHを作成した方はきっちり保護してくださいね、一応「個人」なんですから(「企業」実績があれば別だけど)。ペーパー会社のZENなんかはどうでもいいです。ZEN関係者はどーせ子飼の芸人でしょうし。





ところで私、消極的不買運動参加者でした。
買うものがないってだけなんスけどね。













…あ、もしここに迷い込んでしまった方でmixiやってる方がいらしたら招待していただけないでしょうか?
TBなりコメントしていただけたらアド晒します故。